首都圏住宅コープの家づくり

地震に強い家づくり

当組合は全棟、精算法による構造計算を実施しています

日本の現行の建築基準法(施行令第46条)では、木造2階建て住宅(延べ床面積500m²以下)では『略算法』といわれる簡易構造計算が認められています。しかし『略算法』では、建物が地震力に対抗する上で重要な計算算定項目が全く考慮されていません。
私たちは、お客様の財産と生命を守るために万全を期して、全ての建物に『精算法』による構造計算を実施しています。

『略算法』と「精算法』の違いなど、構造計算の詳細はこちら

木造2階建て住宅にも精算法による構造計算が必要!

耐震性の高いIDEA工法を採用

IDEA(イデア)工法は構造計算に裏付けられた耐震性の高い独自工法です。

建物は大きく分けて『基礎部』と『上部構造体』に別れています。それぞれが充分な強度を備え、かつ、いくつかの条件を満たしバランスがとれて初めて、性能が発揮されます。
イデア工法では、『基礎部』をイデアベース、『上部構造体』はイデアフレームとして、それぞれのバランスをとりながら、構造計算の強度を極限まで高めています。

IDEAベース(基礎部)

一棟ごとに条件を考慮しながら基礎の細部まで安全性を高める工夫をしています。

IDEAベースの詳細はこちら
IDEAフレーム(上部構造体)

梁の据え付けに特徴があり、通常工法の2.4倍の剛性を得ることができる工法です。

IDEAフレームの詳細はこちら

地震大国ニッポン・巨大地震のやってくる確率は?

日本は世界有数の地震国で、世界で起きている地震活動の15%が日本で起きているといわれています。日本列島周辺は、世界にある10数枚のプレートのうち4枚のプレートの境界上にあります。またこれに加え内殻部には、1,500箇所を超える活断層という岩盤のキズもあります。
政府は、文部科学省内に地震調査委員会を設置して、日本各地で地震が起こる危険度を確率で示し警告しています。

今後30年以内に発生すると予測されている地震の確率と規模
首都圏住宅コープへの資料のご請求やお問い合わせ、お見積のご依頼はこちら
首都圏住宅コープの家づくり
地震に強い家づくり
構造計算
IDEAフレーム
IDEAベース
完成までの流れ
地球にやさしい 人にやさしい
注文住宅
お客様の声
坪単価のカラクリ
  • 首都圏住宅コープの家づくり
  • 知らないと損をする!坪単価のカラクリ
  • 見て触れて納得!モデルハウス情報
  • スタッフブログ
耐震